企業が自社のロゴ作成をするメリットと大阪で業者に依頼する時のポイント


時代の移り変わりの中で、自社の宣伝目的でオリジナルのロゴを作成する企業が増加傾向にあります。

ロゴ作成には数多くのメリットがありますが、依頼できる業者の選択肢が多いため、しっかりとポイントを押さえておくことが大切です。

そこで今回は、企業がロゴ作成をすることで得られるメリットや失敗しない業者の選び方について解説していきます。

背景を工夫するだけでワンランクアップする!ロゴ作成で役立つ背景テクニック

オリジナルのロゴ作成をするメリット

企業独自のオリジナルのロゴ作成をすることで得られる大きなメリットの一つに挙げられるのが視覚的イメージです。

同業者との差別化を図る目的でユニークで覚えやすい社名にする企業も増えています。しかし、いくら独創的な名前にしてもインパクトを与えられるのは読んだ瞬間だけで、文字だけで人の記憶に長くとどめておくのは難しいのは否めません。

オリジナルロゴを作成すれば社名と併せて視覚的な効果で記憶に印象を残すことができます。オリジナルのロゴは建物外観やホームページはもちろん、名刺やパンフレットといった販促物にも印刷できるので、様々な形で宣伝できるのも魅力です。

販売する自社製品にオリジナルのロゴをプリントすることは、会社の信頼性を高めて消費者に安心感を与える効果も期待できます。

ロゴ作成をする上で意識すべきポイント

オリジナルのロゴ作成はただ作ればいいというわけではありません。企業の中には他の企業もやっているからといった安易な理由でロゴ作成をするケースも多くあります。いくらデザイン性に富んだインパクトのあるロゴを作成しても、そこに企業としてのコンセプトが含まれていなければ何の効果も生むことができません。

集客率や売り上げの増加、企業としての知名度の向上など、何を目的に制作するのかを明確にすることが基本です。コンセプトは家造りでいう所の地盤と同じで、この作業を疎かにしてしまうとその後の工程が意味をなさなくなってしまいます。

マニュアルの作成

ロゴを作るに当たって忘れてはいけないのがマニュアルの作成です。ここで挙げるマニュアルとは、作成したロゴを正しく使用するための規定のことを言います。主な内容としては、基本のデザイン、使用するカラーと余白の有無、禁止事項などです。

企業の中には、これらの作業を怠って発注してしまったことでイメージと違ったものが出来上がってトラブルになるケースも少なくありません。同じロゴでも色遣いやスペースで見た人に与える印象が大きく変わってしまいます。

イメージ通りのデザインに仕上げてもらうためにも、細部にまでこだわって指定をすることが大切です。禁止事項は無断転載など、第三者に不正に利用されるのを防ぐことに繋がるので、違反した時の罰則なども決めておかなくてはいけません。

ロゴデザイン会社を選ぶ時のポイント

需要の増加に伴って、オリジナルのロゴ制作を専門とする業者の数が増えていて、大阪でも大小さまざまなロゴ制作会社が存在します。一見するとどこに頼んでも同じようなイメージがありますが、実際は業者ごとに特徴が異なるので適当に選ばないことが大切です。

業者選びの大事なポイントの一つが費用です。ロゴ制作に掛かる費用は技術料が含まれていて、それぞれの業者が自由に決めることができます。そのため、同じデザインのロゴを発注しても提示される見積もりに大きな差が出るケースも珍しくありません。

選ぶ時は一つの所だけで判断をするのではなく、最低でも3社から4社から見積もりを取って比較検討をすることが基本になります。この見積もりも業者によって無料と有料に分かれているので注意が必要です。有料の業者に頼んでしまうとその時点で費用が発生してしまうため、万が一依頼を断ることになった場合はお金を無駄にすることになります。

事前の見積もりまでは無料と記載されている業者を選ぶのが基本です。

費用だけに目を向けない

業者のロゴ作成はデザインや使用するカラーによって細かく費用は変わりますが、ある程度の金額が掛かってしまうのは否めません。少しでもコストを抑えて作りたいという理由から、業者の比較検討をする時に費用の安さだけに注目をする企業も多くあります。

実際にライバル企業との差別化を図るために、費用の安さを売りにする業者も少なくありません。しかし、こういった低価格で引き受ける業者の中には、安く引き受けていい加減な作業を行う悪質な所も多く潜んでいます。いくら費用が安く抑えられても、希望するデザイン通りに作成をしてもらえなければ意味がありません。

業者選びをする時は、金額だけで判断をしないことが基本です。ただし、作業工程の短縮など企業努力によってコストカットを実現している優良業者もあります。費用が安いと感じた場合は、担当者にその理由を尋ねることが大切です。

優良業者であればこうした質問に対して納得できる答えを提示してくれます。曖昧な返事でお茶を濁される場合は避けるのが無難です。

実績を見極める

ロゴ作成に限らず、クライアントから受けた要望に沿ってイメージ通りに作成をするのはプロとして当たり前のことです。しかし、言葉や文章で受けた説明から具体的なデザインに起こすのは簡単ではなく、経験を積み重ねて初めてその技術が身に付きます。

そこで重要となるのが企業としての実績です。ロゴ作成の経験が少ないスタッフばかりの企業の場合、イメージ通りのロゴを作るまでに何度も修正作業を行って時間が掛かってしまうこともあります。年間を通して数多く受注をしている企業であれば、それだけ豊富な実績を積んだ技術力の高いスタッフが揃っているので安心して任せることが可能です。

企業のホームページなどで過去の実績などを調べることはできるので、依頼をする前に確認しておくことを忘れてはいけません。

利用者の口コミを確認する

依頼を考えている企業が信頼できる優良業者かどうかは、企業情報や見積もりだけでは判断が難しいケースもあります。こうした場合に有効となるのが口コミです。実際に利用した人の感想は信頼性を見極める有効な判断材料になります。

口コミの評判が良く、悪い評価が少ない業者を選ぶことが失敗しないコツです。

要望だけでなく独自の提案をしてくれる業者を選ぶ

信頼できる優良業者はクライアントの要望を取り入れるのはもちろん、より魅力的なロゴになるように最適な提案やアドバイスをしてくれるのが特徴です。ロゴの良し悪しは企業の宣伝や自社製品の売り上げアップといった成果に繋がっていきます。

ただ受けた依頼をこなすだけでなく、一緒に良い物を作って行くという前向きな姿勢で取り組んでくれる業者に依頼をすることが大切です。