学校での生徒獲得に重要なロゴ作成

少子化の影響を受けて学校ではいかにして生徒を集めるかが大きな課題になってきています。生徒や保護者に対してアプローチするには学校説明会を開く、オープンキャンパスを実施するといった方法があるでしょう。その際に魅力を感じてもらうためにはロゴにこだわるのも大切です。

この記事では生徒獲得におけるロゴ作成のノウハウを紹介します。

背景を工夫するだけでワンランクアップする!ロゴ作成で役立つ背景テクニック

安定した生徒の獲得は学校にとって必須

小中学校のような義務教育課程における公立学校を除くと、学校を運営していく上では生徒の獲得が必須です。公立学校の場合には地方自治体から資金が供給されるので運営を続けるのに問題はありませんが、私立の学校の場合や大学、短大などの場合にはきちんと生徒や学生を確保しないと収入が不足してしまうことになります。

できるだけ募集枠いっぱいの生徒を確保できないと教員や事務員などの人件費もまかなうことができず、経営が苦しくなっていくことは否めません。少子化の影響を受けてこのような学校ではいかにして生徒を獲得するかが大きな課題となっています。

また、公立であっても優秀な生徒を十分に獲得できないと実績が低迷してしまいます。それが地方自治体から供給される資金の違いをもたらしたり、授業のしやすさを変える要因になったりするのでいかにして生徒に魅力的な学校だと思ってもらうかは大きな問題です。

このような状況があるため、どの学校でも生徒獲得の戦略を立てて実行していくことが求められています。

生徒獲得に必要なポイント

生徒が減少してきてしまっていて何とかして打開しなければならないというときには何が必要なのでしょうか。生徒や保護者が学校を選ぶときに何を見ているのかを理解することで、どうすれば課題を解決に導けるのかがわかるでしょう。

中学校や高校の場合には進学実績が最も注目されている場合がほとんどです。この中学に入ればこんなに良い高校に入れる、この高校ならきっと有名大学に進学できるといった期待を持っている傾向があります。この問題を解決するには授業を改善することも意味がありますが、そもそも優秀な生徒が入学してくれないとかなり難しいでしょう。

一方、入学したらこんな学校生活を送りたいというイメージから選ぶこともよくあります。どんな生徒を育てているのか、どのような校風を持っているのかといった観点で生徒自身がなりたい姿、あるいは保護者が我が子に求める姿を実現できるような学校を選びたいというのも典型的な考え方です。

この観点では学校の教育理念や校風をニーズに合わせていき、はっきりと打ち出せばきっと生徒を獲得できるようになるでしょう。生徒が減ってきた状況を打開したいというときには、魅力的な形で成長できる学校かをわかりやすく伝えられるようにするのが大切なのです。

ロゴを一新して状況を打開しよう

いかにして教育理念や校風を生徒や保護者に知ってもらうようにしたら良いかと悩んだときに候補として魅力的なのがロゴです。

大抵の学校では創立の時点でロゴを決めて校章にも使用し、学校のオリジナルアイテムなどにもロゴを入れているでしょう。

このロゴを一新してしまうのが状況を打破することにつながります。特に歴史のある学校の場合には、昔からのイメージでどんな学校なのかを生徒や保護者が認識してしまいがちです。ニーズに合うように教育のあり方も変えてきているのに見向きもしてもらえないことすらあります。

しかし、ロゴを一新すると大きな変化が起こったという印象を持ってくれます。今までとは違う学校になるのではないかという期待を持ってパンフレットを見たり、ホームページで情報を集めたりしてくれるでしょう。このようなきっかけ作りになるほどインパクトが大きいのが学校のロゴの一新です。

適切なロゴを作成し、次の入試時期に向けた学校説明会などのイベントには間に合うようにロゴ作成の準備を整えていきましょう。

ロゴが与えるイメージに注意しよう

ロゴを一新するときには新しいロゴが現在の生徒や保護者の期待に応えられるようなデザインになっていることが必要です。ロゴが変わったという噂を聞いて見てみたときに、ロゴから受けた印象があまり良くないと魅力的ではないというレッテルを貼られてしまうリスクがあります。

第一印象を重視することが肝心で、これならきっと魅力的な学校に生まれ変わったはずだと感じ取ってもらえるようなロゴにできればきっと多くの生徒が入学を志望してくれます。第一印象の良し悪しがロゴ作成をした効果の有無を決める重要なポイントだということは理解しておきましょう。

魅力を感じてもらうためには教育理念を改定することも必要になるかもしれません。古くからある学校ほど昔の考え方で理念が打ち立てられているので、現代のニーズに合っていないことが多いからです。創立者が決めた理念という場合にはなかなか変更しがたいのは確かですが、そのまま経営難に陥ってしまって廃校になってしまっては元も子もないでしょう。

これがきっかけだと考えて教育理念から一新し、それをはっきりと示せるようなロゴに仕上げるのが適切です。どのような教育環境が求められているのかも調査して、学校の設備なども整えるようにしましょう。教育理念とロゴに込めたイメージが現場と一致するようにすると訴求力が高くなります。


美しく仕上げよう

ロゴ作成をするときには美しく仕上げるのが大切です。単純に思われるかもしれませんが、本当に美しいかどうかだけで生徒が志望するかどうかが変わることもあります。中学校や高校で制服がある場合にはその制服に校章を付けるでしょう。

その校章がかわいい、かっこいいというだけで選んでくれる生徒も少なくないのです。

その意味ではロゴ全体よりも校章にするエンブレムの部分が特に重要と言えます。そのエンブレムだけでどんな学校なのかがわかるようにしつつ、見た目にも美しく仕上げられると多くの生徒から目を向けてもらえるようになるでしょう。

ロゴを一新して生徒獲得を目指そう

学校のロゴは生徒や保護者にとって大きな意味があるもので、どんな学校なのかをイメージする根拠になっています。少子化の影響を受けて生徒獲得が難しくなっているときにはロゴを一新して打開しましょう。ニーズに合った教育理念を打ち出し、それが直感的に理解できるようにロゴ作成をすることできっと多くの生徒が志望してくれるようになります。